キョンシー親子が現代に蘇る【霊幻道士2】あらすじ&感想

「霊幻道士2 キョンシーの息子たち!」

霊幻道士2 キョンシーの息子たち!

「霊幻道士2」の作品情報

原題: 殭屍家族
製作年:1986年
製作国:香港
監督:リッキー・ラウ
製作:サモ・ハン・キンポー
出演者:ラム・チェンイン、ムーン・リー、ユン・ピョウ、チャン・ファット、ビリー・ロウ、ホー・キンウェイ
上映時間:90分

「霊幻道士2」のあらすじ

墓荒らしのカク教授とドジな助手ケイたちは、洞窟で親子3体のキョンシーを発見する。
何も知らない彼らは3体とも研究室に持ち帰るが、額のお札が剥がれて子供キョンシーが逃走してしまう。
子供キョンシーは女の子ガーガーとその兄に出会い、仲よくなる。
一方、研究室に残されていた親キョンシーも助手の一人がお札をはがした為に眠りから醒め、いなくなった子供キョンシーを探しに行く。
そして、父キョンシーと母キョンシーが現れた街は、パニックになる。
そこで、先祖が霊幻道士だった漢方医ラムが娘のチーとその恋人ヤンと共に、キョンシー退治に立ち上がる!
現代に蘇ったキョンシー親子の運命は・・・。

「霊幻道士2」の 感想

「霊幻道士」シリーズの第2弾。
現代の中国を舞台に99年の眠りから覚めたキョンシー一家が巻き起こす騒動を描いています。

本作は前作『霊幻道士』と違い、子供をターゲットに製作されています。

そのため、ホラーやアクションを期待して観ると物足りないのですが、子供たちの友情物語として観るとほっこりする作品ですね。

キョンシーの息子たち

<本作の大きな特徴>
 ・キョンシー映画には珍しく現代劇である。
 ・キョンシーの家族(父、母、息子)が出てくる。

副題は「キョンシーの息子たち!」となっていますが、キョンシーの息子は1人だけです!
なぜ、こんな副題をつけたのか?
キョンシーの息子(ホー・キンウェイ)と人間の子供たちという意味なのでしょうか?

現代が舞台というのは、アイデアとしては面白いのですが、やっぱりキョンシー映画は昔の中国が舞台になっている方が雰囲気があっていますね。(←ここは意見が分かれるところかな。)

前作で保安官のウェイを演じていたビリー・ロウが、カク教授の助手ケイとして登場しているのですが、これまたまぬけでお調子者。
ビリー・ロウは、こういう役がとても似合っていますね。

キョンシーが光に弱いと気づいてライトを当てている時に、調子に乗ってふざけるところなんかは、「そんなことしてる場合か!」とつっこみたくなります。
案の定、コンセントからプラグが抜けてライトが消えてしまうというオチに(笑)。

父キョンシー(チェン・ウィンチュン)と母キョンシー(ウォン・ヨォクワン)に追い詰められたケイ(ビリー・ロウ)が、なぜか自分の額にお札を貼ったり、箱の中に張り付いて隠れるなど、必死に逃げ回っている姿が面白い。

カク教授はいかにも悪そうなおじさんで、杖をついているわりにキョンシーの前では俊敏に動いて、なかなかすごいんです。

カク教授のもう一人の助手トウは、前作で夜回りをしているおじさんだと思います(たぶん)。
生きたカエルをそのまま食べようとしたり、ヘビの内臓を生のまま食べたり、ゲテモノ好きで気持ち悪い。

ラム・チェンイン演じる漢方医ラムは、なぜか役名もラム・チェンイン(映画の後半で名乗っている)。
前作と違い、強い道士ではなく現代の漢方医なので、いまいちパッとしないです。
途中で道士服を着て、桃剣でキョンシーと戦うところは少しだけ道士っぽくなっているけど、たいして強くない。

ラムの娘チーをムーン・リーが演じているのですが、本作では出番が少なくて、ちょっと残念。

ユンピョウ

チーの恋人ヤンをユン・ピョウが演じていて、本作に出てくるメンバーの中で最も動きに切れがあります。
自分のせいでキョンシーに襲われるという間抜けさはケイに似ていて、この人に対しても観ていてつっこみを入れたくなってしまう。

ヤンとキョンシーのアクションシーンは、ジャッキーチェンの映画みたいで面白いです。
でも、ヤンが逃げ回っている時に遅鈍剤という薬のビンを割ってしまい、みんなの動きが鈍くなるシーンは観ていてイライラする人もいるかも。

キョンシー親子は人間味があって、父キョンシーが母キョンシーに怒ったり、キョンシーの親子愛が描かれていたりと、前作のキョンシーとはずいぶん違います。

母キョンシーが退治されて、父キョンシーが怒ったり、子供キョンシーが泣いている姿を観ていると、なんだかキョンシー親子がかわいそうな気がしました。

ガーガーなど人間の子供たちと子供キョンシーに友情が芽生えて、最後に別れを迎える展開は、ほのぼのとしていてホラー映画であることを忘れそうになります(笑)。

この作品は、キョンシーが車の上を跳んでいったり、小さいお札を貼られた父キョンシーが微妙に動いているなど、それぞれのシーンの描写にいろんな工夫があって、よくできた作品だと思います。

ただ、ホラー映画なのに全然怖くない (笑) 。

霊幻道士と幽幻道士を無料で観るならU-NEXTがおすすめ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました