【霊幻道士シリーズ】の作品紹介

霊幻道士の歴代作品を見ていきましょう。

「霊幻道士」(1985年製作)

霊幻道士

中国古来の妖怪「キョンシー」を題材として、特殊効果とカンフーアクションを織り交ぜたコミカルなホラー映画としてキョンシーシリーズの基礎を確立した記念碑的作品です!

香港、台湾、日本などで大ヒットを記録し、その後『幽幻道士(キョンシーズ)』などの無数の亜流作品が各国で製作されました。
香港を代表する俳優であり、映画監督でもあるサモ・ハン・キンポーが製作を務めています。

これぞ元祖キョンシー映画!【霊幻道士】あらすじ&感想
香港、台湾、日本などで大ヒットを記録し、その後に続く『幽幻道士(キョンシーズ)』などのキョンシーシリーズの基礎を確立した記念碑的作品です!

「霊幻道士2 キョンシーの息子たち!」(1986年製作)

霊幻道士2 キョンシーの息子たち!

前作とは変わって現代の中国を舞台に99年の眠りから覚めたキョンシー一家が巻き起こす騒動を描いています。

霊幻道士の末裔である漢方医のラムが、娘のチー、その恋人ヤンとともにキョンシー退治に立ち上がる!
子供のキョンシーと人間の子供たちが友達になるというほんわかしたストーリーが織り交ざったホラーコメディです。
父キョンシーと母キョンシーが街中で車の上をピョンピョン跳んでいくシーンが印象的でしたね。

キョンシー親子が現代に蘇る【霊幻道士2】あらすじ&感想
「霊幻道士」シリーズの第2弾。現代の中国を舞台に99年の眠りから覚めたキョンシー一家が巻き起こす騒動を描いています。

「霊幻道士3 キョンシーの七不思議」(1987年製作)

霊幻道士3 キョンシーの七不思議

19世紀の中国を舞台にした「霊幻道士」シリーズの第3弾。

スプラッター映画のようなグロテスクな描写や、キョンシー以外にも幽霊や妖術使いが登場するホラー度の高い作品です。
ホラーが苦手な人だと、映画が始まってすぐにビビッてしまうかも。
本作ではキョンシーがいまいちキョンシーらしくない上に、道士VS妖術師の戦いがメインという他の「キョンシー映画」とは少し違った内容になっています。

道士VS妖術師の戦い【霊幻道士3】あらすじ&感想
19世紀の中国を舞台にした「霊幻道士」シリーズの第3弾。スプラッター映画のようなグロテスクな描写や、キョンシー以外にも幽霊や妖術使いが登場するホラー度の高い作品です。

「霊幻道士完結篇 最後の霊戦」(1988年製作)

霊幻道士完結編 最後の霊戦

19世紀の中国を舞台にした「霊幻道士」シリーズの第4弾。

仲が悪くいつもケンカをしているゴクウ道士とあんぱん和尚が、力を合わせて最凶最悪のジャンボキョンシーに立ち向かいます。
今作はコメディー色が強く、ラム・チェンインが道士として出演していません。
タイトルに「完結篇」とありますが、作品はまだまだ続きます。

ゴクウ道士とあんぱん和尚のコメディ【霊幻道士完結篇】あらすじ&感想
19世紀の中国を舞台にした「霊幻道士」シリーズの第4弾。仲が悪くいつもケンカをしている道士と和尚が、力を合わせて最凶最悪のジャンボキョンシーに立ち向かいます。

「霊幻道士5 ベビーキョンシーVS空飛ぶドラキュラ」(1989年製作)

霊幻道士5 ベビーキョンシーVS空飛ぶドラキュラ

ラム・チェンインが初監督を務めた「霊幻道士」シリーズの第5弾。

中国の霊幻道士VS西洋のドラキュラという異色の対決を描いた作品です。
ラム・チェンイン演じる道士が、弟子たちに加えてベビー・キョンシーと一緒に暮らしているという一風変わった設定になっています。
しかも、キョンシー映画なのに登場するキョンシーはベビー・キョンシーだけ!
奇をてらった駄作かと思いきや、実は面白いんです。
派手なアクションと法術、そして笑いがうまく盛り込まれた、見どころ満載の「隠れた傑作」です。

ベビーキョンシーVS空飛ぶドラキュラ【霊幻道士5】あらすじ&感想
ラム・チェンインが初監督を務めた、「霊幻道士」シリーズの第5弾です。 中国の山奥でドジな弟子2人とベビーキョンシーと共に暮らす霊幻道士が西洋のドラキュラと対決します!

「霊幻道士6 史上最強のキョンシー登場!」(1992年製作)

霊幻道士6 史上最強のキョンシー登場!

「霊幻道士」シリーズの第6弾。

お札がきかない最強のキョンシーが登場します。
香港で上映された際、あまりに客が来なかった為、3日間で上映打ち切りという「伝説」を作った作品です。
なぜそんな不名誉な伝説を作ってしまったのか?
作品を観れば分かります(笑)。

お札がきかない最強のキョンシーが登場【霊幻道士6】あらすじ&感想
3日間で上映打ち切りという「伝説」を作った、「霊幻道士」シリーズの第6弾です。 お札も効かない、史上最強のキョンシーが登場します!

「霊幻道士7 ラストアクションキョンシー」(1992年製作)

霊幻道士7 ラストアクションキョンシー

1作目のラム・チェンイン、リッキー・ホイ、チン・シュウホウが再び共演した「霊幻道士」シリーズの第7弾。

日本で映画は公開されていません。
霊幻道士と水子の霊の対決にキョンシー軍団が加わって、派手な戦いが繰り広げられます。
本作はとても下品なシーンが多いので、食事をしながら観てはダメですよ!
 →現在は入手困難な作品です。

水子の霊とキョンシー軍団を倒せ【霊幻道士7】あらすじ&感想
『霊幻道士』に出演していたラム・チェンイン、リッキー・ホイ、チン・シュウホウが再び共演した、「霊幻道士」シリーズの第7弾。

「霊幻道士ザ・ムービー 空飛ぶドラキュラリターンズ」(1993年製作)

霊幻道士ザ・ムービー

「霊幻道士」シリーズの第8弾。

こちらも日本で映画は公開されていません。
敵対するラム道士とウー神父がタッグを組んで、永い眠りから覚めたドラキュラと戦います。
空飛ぶドラキュラ・リターンズというサブタイトルですが、「霊幻道士5 ベビーキョンシーVS空飛ぶドラキュラ」とはなんのつながりもありません。
 →現在は入手困難な作品です。

ファンキーな空飛ぶドラキュラ現る【霊幻道士ザ・ムービー】あらすじ&感想
ドラキュラに変貌した神父と霊幻道士の闘いを描いた「霊幻道士」シリーズの第8弾。 ラム・チェンインとウー・マが共演しています。

「霊幻道士 こちらキョンシー退治局」(2017年製作)

霊幻道士 こちらキョンシー退治局

本家「霊幻道士」の魂を受け継ぐキャストが集結し、香港アクション映画界が満を持して放つ新たなキョンシー映画!

現代の香港を舞台に、政府の秘密組織・キョンシー退治局で働くことになった主人公の成長と恋を描いたアクションホラーコメディです。
見どころは何といっても、リアル「ワンピースのナミ」と言われたリン・ミンチェンが演じる美女キョンシー!
彼女のかわいさを堪能してください。

リン・ミンチェンがとにかくカワイイ!【霊幻道士 こちらキョンシー退治局】あらすじ&感想
現代の香港を舞台に、政府の秘密組織・キョンシー退治局で働くことになった主人公の成長と恋を描いたアクションホラーコメディ。

「霊幻道士Q 大蛇道士の出現!」(2018年製作)

霊幻道士Q 大蛇道士の出現!

中国版Netflixと名高い【愛奇芸(アイチーイー)】で2018年1月から配信スタートすると、たちまち大ヒットを記録した「キョンシー映画」!

本作『霊幻道士Q 大蛇道士の出現!』は、『霊幻道士7 ラストアクションキョンシー』の正式な続編で、「霊幻道士1~4・7」で監督だったリッキー・リュウが再び監督を務めています。
故ラム・チェンインの遺志を引き継いだチン・シュウホウがハオ道士を演じて、邪悪な呪術を操るシャムの降頭師・大蛇道士たちと戦います。

ラム・チェンインの遺志を受け継いだチン・シュウホウが道士に!【霊幻道士Q】あらすじ&感想
元祖「霊幻道士」の監督である巨匠リッキー・リュウが、今世紀新たに仕掛ける一大エンターテイメントです。

「霊幻道士Ⅹ 最強妖怪キョンシー現る」(2019年製作)

霊幻道士Ⅹ 最強妖怪キョンシー現る

法術やアクション描写に定評のある若手監督グオ・ヤーポンがメガホンをとった、「霊幻道士」シリーズの正統続編最新作。

故ラム・チェンインの遺志を継ぐ、お馴染みチン・シュウホウが道士として登場しています。
本作は中国の動画配信サイト【愛奇芸(アイチーイー)】で配信され、日本では「霊幻道士」シリーズ10作目として「のむコレ3」で公開されました。

最強妖怪キョンシーとの激しい戦いや、弟子と妖怪の恋などがドラマチックに描かれています!

元祖「霊幻道士」を彷彿させるキョンシー映画【霊幻道士X】あらすじ&感想
法術やアクション描写に定評のある若手監督グオ・ヤーポンがメガホンをとった、「霊幻道士」シリーズの正統続編最新作。

テンテンが登場する【幽幻道士シリーズ】については、下記の記事をどうぞ!

【幽幻道士シリーズ】の作品紹介
かつてキョンシーブームを巻き起こした「幽幻道士」の歴代作品を紹介します。 テンテンを始めとする子供たちが活躍している作品です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました